相続手続きのサポート

行政書士ができる相続手続きのサポートについて、ご紹介いたします。

①遺言書作成サポート

遺言書の作成方法には厳格なルールがあり、相続財産などの書き方や、訂正方法を間違えただけでも無効になる可能性があります。自筆証書遺言と公正証書遺言の違いは以下の通りです。

自筆証書遺言公正証書遺言
書き方自分で記述公証人が記述
証人不要2人
家庭裁判所の検認必要(法務局保管は不要)不要
保管方法0円(法務局保管3900円)16000円~(財産に応じ加算)
メリット手軽・低費用無効になりにくい、紛失リスクなし
デメリット形式に厳格なので無効になりやすい費用と手間がかかる

②相続人や相続財産の調査

遺産相続では、法定相続人を確定する必要があります。相続人調査においては、被相続人の出生から死亡までのつながった除籍謄本、改正原戸籍、戸籍謄本や相続人全員の現在の戸籍謄本を取り寄せます。相続財産の調査は、土地や建物等不動産と預貯金が主ですが、家族間で把握しきれていない資産や借金がある場合もあるため、金融機関に問い合わせたりするケースも弊所にて対応いたします。

③遺産分割協議書の作成

遺言書がない場合、法定相続人全員による遺産分割協議が整った後、遺産分割協議書の作成を致します。遺産分割協議書は人数分を作成して契印を押印し、複数枚になったときは割印も必要になるので、押印漏れにも注意が必要ですし、訂正がある場合には作り直す必要があるため、細かい部分にも注意して作成することが必要です。

④預貯金解約や自動車・株式の名義変更

また法律相談や紛争解決、税金に関する相続手続き、不動産の相続登記など行政書士が対応できない場合は、信頼のおける他士業の先生におつなぎいたしますのでご安心ください。